ryokoshashin.com

スポンサーリンク
ロシア

1日目(日本出発&モスクワ到着)

2012年7月、ロシア旅行へ行ってきました。夫婦二人旅行で、韓国のソウル経由でモスクワとサンクトペテルブルクを訪れました。訪れる前は、ロシアって何だか怖そう、とっつきにくい国、というイメージがあったのですが、7泊8日の日程では足りないくらい魅力あふれる国でした。まずは、日本出発からモスクワ到着まで。
シンガポール

5日目(ナイトサファリ&帰国)

シンガポール最後のイベントは、ナイトサファリです。世界でも珍しい、夜の動物園です。ナイトサファリでは夜の動物園をトラムに乗って見学します。動物は夜行性の方が多いので、より活発に動き回る夜の生態を自然に近い状態で見られます。シンガポールに行かれる際にはぜにナイトサファリを訪れて下さい。
シンガポール

5日目(クラークキー&リバークルーズ)

五日目の夕食後、クラークキーとリバークルーズを満喫しました。クラークキーはレストランやバー、クラブやカフェが並ぶシンガポール最大のナイトスポットです。ライトアップが本当にキレイとの事でぜひとも訪れたかったスポットでした。合わせて、クラークキー発のリバークルーズも楽しみました。残念ながら訪れたのが早すぎたため、完全な夜景とは言えませんでしたが、十分堪能できました。
スポンサーリンク
シンガポール

5日目(オーチャードロードでお買い物)

五日目の昼食後、オーチャードロードで買い物を満喫しました。刺繍雑貨を探していて、おすすめのお店がオーチャードロードにあるとの情報をガイドブックで見つけたので、そのお店を中心に雑貨を探しました。また、小龍包の世界的名店・鼎泰豊(ディンタイフォン)の支店で摩訶不思議な小龍包を食しました。
シンガポール

5日目(ラッフルズ卿上陸地点、マーライオン、ラッフルズホテル)

シンガポール最終日の五日目。今回のシンガポール旅行は全て自由旅行。一緒に行動し続けた人もいた反面、最終日まで別行動だった人もいました。なので、この最終日は全員一緒にバスに乗って様々な観光地を訪れました。まずは、ラッフルズ卿上陸地点やマーライオンパーク、ラッフルズホテルなど、シンガポールの定番観光地を巡りました。
シンガポール

4日目(ハードロックカフェ・セントーサでの夕食)

四日目の夜は、ハードロックカフェ・センサーサに行きました。僕はハードロックカフェが大好きで、旅行する国々にハードロックカフェがあれば必ず訪れます。ハードロックカフェで販売されているクマのぬいぐるみを集めていて、今回あらたにシンガポールからの仲間が増え、大満足です。夕食も併設されているカフェで食べ、一緒に行った他のメンバーも満足してくれたようで、嬉しかったです。
シンガポール

4日目(ユニバーサル・スタジオ・シンガポール後編)

ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)の午後のお話。午前中はユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)にないアトラクションを満喫しましたが、午後はアトラクションだけでなくショーも堪能しました。一部のアトラクションは、USJと重複する内容があったのですが、十分楽しめました。中には、全編英語のアトラクションがありましたが、雰囲気は味わえました(笑)。
シンガポール

4日目(ユニバーサル・スタジオ・シンガポール前編)

四日目は、ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)に行きました。ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)には、日本のUSJにはないアトラクションやショーもたくさんありました。中でも、トランス・フォーマー・ザ・ライドは迫力満点で非常に面白かったです。短い時間でしたが、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールを満喫する事が出来ました。
シンガポール

3日目(マリーナベイサンズの屋上プールからの夜景)

三日目の最後は、マリーナベイサンズホテル最上階の屋上プールからの夜景を撮影しに行きました。プールで泳いでいる人を横目に壁となる場所にもたれながら、カメラのタイマー機能を駆使して、撮影し続けていました。それにしても、マリーナベイサンズからの夜景は本当に素晴らしいです。ずっと見ていても飽きません。
シンガポール

3日目(リッツカールトンでアフタヌーンティー)

二日目の午後のティータイムに、ザ・リッツ・カールトン ミレニア シンガポールでアフタヌーンティーを満喫しました。笑えるくらい、ものすごい量のケーキやお菓子が出てきました。日本ではあまりない本格的なアフタヌーンティーを満喫できた貴重な体験でした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました