ヨルダン旅行記1日目

ヨルダン
スポンサーリンク

2007年に訪れたヨルダンの旅行記です。

映画「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」でおなじみのペトラ遺跡から、死海、マダバを巡るのんびりとした行程です。
途中、アクシデントにも見舞われ、なかなか思い出深い旅でした。

まずは、日本出発からヨルダン到着まで。

出発は関西国際空港。
関空からドバイまで行き、そこからヨルダンへと向かいます。
関空発ドバイ行きのエミレーツは深夜便。
23時45分発なので、乗ってしまえばあとは寝るだけ。
これは楽チン。
寝支度?を整えて搭乗します。

「さあ、寝るぞ」
と意気込んでいたら、おもむろに夜食の提供。
時間帯的には夜食ですが、食事の内容は夕食です。
深夜にこのボリュームはなかなか。

一つ目の機内食は、チキンとラタトゥイユ。
それにクスクスと思われるもの。

「この時間にご飯なんて!」
と思いつつも、食べてしまえば美味しい。

機内食その2は和食。
煮魚にご飯。

和食だと深夜に食べても、それほど罪悪感がない、かな。

そして、さっぱり読めない文字。
変な時間にお腹を満たしてしまったせいか、目が冴えて眠れません。

気分的には、さっき夜食(夕食)を食べたばかりですが、朝食が出てきました。
朝食一つ目は和朝食。

朝食その2はオムレツ。
エミレーツはJALとの共同運行なので、機内食は基本的にJALの味。
安定のおいしさです。

ドバイ国際空港に到着。
時間は朝の5時15分。
ここから再びエミレーツで、アンマンのエティハド空港へ向かいます。

アンマン行き機内で、本日二度目の朝食。
提供された物は残さず食べます。

何かよくわからないけど、芋芋しい朝食。
見た目はあっさりした感じですが、機内が謎の香辛料の香りで満たされます。

朝食その2は、パンケーキ。
こちらは、パンケーキにパンにパンというパンパンした朝食です。

ドバイからアンマンまでは約3時間なので、朝食を食べて一息ついたらもう到着です。
中東っぽい、乾いた大地が眼下に見えてきました。

この日は、アンマンからペトラまで車で移動。
約3時間ほどです。

ペトラに到着したので、早速、ホテル近くのレストランで昼食。

ヨルダンはイスラム圏なので、お肉は鶏肉と羊肉。
今回は、鶏と羊をそれぞれ一切れずつ。
と言っても、アラビア語は全く分からないので、料理のビジュアルで選びました。

手前のペーストはナスのペースト。
ナスのペーストがめちゃめちゃ美味しかった。
煮ても焼いてもおいしいナスですが、練っても最高です。

文字は読めませんが、何であるかは分かる飲み物たち。

今回宿泊するモーベンピックリゾートペトラ。
ペトラ遺跡に近いホテルということで決めました。

ホテル入り口のテントは荷物検査を行う場所。
ホテルに入るたびに、荷物を空港の手荷物検査のような機械に通してチェックされます。

ヨルダンは中東でも比較的安全で旅行しやすい国。
と言っても、シリアやイラクと国境を接しているので、やはり最低限の安全対策はどこも必要なんでしょうね。

モーベンピックはもともとスイス発祥のアイスクリームブランド。
となると、アイスは絶対に食べねば!
ということで、ホテルのロビーでアイスをいただきます。

定番のイチゴを選びました。
イチゴの味がギュギュッと凝縮されていて非常に美味しい。
イチゴ味のアイスというよりも、絞りたてのイチゴを凍らせてそのまま食べてる感じです。

ホテルの客室は、明るくて快適。
蚊が出没するのか、部屋にはベープマットが常備してありました。
(結局、一度も使いませんでしたが)

水回りも清潔でとても使いやすかったですよ。

テーブルの上にはウェルカムスイーツ。

コレがめちゃめちゃ甘くて、
「一つ食べたら充分やね」
と言いつつ、食べる手が止まらない魅惑のお菓子です。

ホテルの部屋の裏手が馬牧場のようで、窓を開けると馬が草を食んでいる姿が見られます。
なんとものどかな風景で、癒やされます。

ホテルのエントランスは吹き抜けになっていて、上階から見下ろすと非常に美しい。
テーブルと椅子がお花の形になるように設置されています。

夕食まで、まだ時間があるのでホテルの周辺を散策。

小高い丘からホテルを見下ろした風景。
後ろに広がるゴツゴツとした岩山あたりがペトラ遺跡のはずです。

ホテルのある目抜き通りは、さほど繁盛しておらずのんびりしています。
観光客向けのお店はほとんどありません。

全体的に観光客もあまり見かけず、のんびりした感じ。
というか、観光客はみんなペトラ遺跡に行ってるのかな?

ホテルに近づいたら、若干レストランが増えてきました。
世界的な観光地なのに、全然商売っ気がない……。
ただ、私たちが訪れたのが2007年なので、今はもっと賑やかになってるかもしれません。

良い感じに日が傾いてきました。

ということで、この日はホテルで夕食。
ホテルの屋上のようなところにレストランがあったので、そこで食事をいただきました。
が、寒い!
日が沈むとめちゃめちゃ寒い。
近くの席のドイツ人(と思われる)カップルを見ると、フリース着てる!

今後、どの地域に旅行する際も、防寒具は忘れずに持って行こうと思いました。

そして料理はと言うと、やたらめったらいっぱい運ばれてきて困惑。
テーブルの上に乗りきらないくらいの皿がずらずらっと出てきます。
中華料理みたいに、たくさん出すけど全部食べちゃダメよ的なやつか?

よく分からないけど、とりあえず色んなお皿から少しずついただきます。
個人的にはナスのペーストはスプーンですくって食べたいくらいお気に入り。

中東料理ビギナー向けのパスタやピラフもあります。
料理のシステムがよく分からないまま、とりあえず全ての料理をいただきました。
別に法外な値段を請求されることもなかったので、全部食べて良かったんだと思います。

明日はいよいよペトラ遺跡を見学。

タイトルとURLをコピーしました